契約当事者が死亡した場合の売買契約効力はどうなるのか?

売買契約が一旦契約されていればたとえ当事者の一方が死亡しても契約の効力は失われません。

契約の締結のよって当事者の死亡によって相続が開始されそれらの一切の権利義務を相続人が継承することになります。

売主が死亡した場合、登記の移転義務、目的物の引渡し義務等が相続人が継承することになります。

買主が死亡した場合、代金支払い義務等が相続人から継承することになります。

相続人が複数名になる場合などは、手続きが非常に困難なものになる可能性もございます。

営業部

相続登記に関する事、相続物件の売却などお気軽にご相談下さいませ。

引続き今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます。

お問合せ0120-694-776営業時間 9:00~20:00

メールでお問合せ 年中無休24時間受付中

お知らせ

営業部
営業部
この度は、当社ホームページをご覧頂き誠に有難うございます。営業部では、イベント情報やキャンペーン情報等のお知らせなどをお伝えしております。
更新情報を随時更新してまいりますのでご覧頂ければ幸いでございます。

不動産売却のことなら

近畿一円で不動産事業展開

多様化するニーズにグローバルに対応

近畿一円あらゆる不動産に対応致します。

不動産買取・売却のことならお任せ下さい。