外国籍の方で日本に住んでいる人もいるでしょう。

日本に住んでいる外国人の方も永住権を持っているなら住宅ローン融資を受けることは可能です。

ただ、永住権を持っていない外国籍の方の場合

「住宅ローンは受けられるの?」

疑問を感じる人もいるでしょう。

永住権を持っていない外国籍の方の住宅ローンについて内容を紹介します。

奈良県内低金利住宅ローンのご案内
フラット35などで永住権なしの外国籍の方が住宅ローン融資を受ける方法

永住権なしの外国籍でも住宅ローン融資の審査を受けやすくするには

永住権なしの外国籍の方でも住宅ローンを組むことは可能です。

ただ、永住権がないなら住宅ローンを組むのは厳しい審査やある程度の保証を提示して信頼を得ることが大事です。

永住権なしの外国籍の方は以下の方法でローンを組むことが可能です。

日本人に保証人になってもらう

永住権なしの外国籍の場合、住宅ローン審査で連帯保証人が同じ外国人だと詐欺などを疑われて審査に落ちてしまうことが多いです。

しかし、保証人が日本人であれば永住権が無い外国人でも住宅ローンを提供している金融機関はあります。

そのため、住宅ローン契約を行いたいなら、誰でも日本人の方に一緒に付いてきてもらう必要があります。

配偶者がいるなら、その人に保証人になってもらえれば問題ありませんが、いないなら友達や職場の人などに頼んで保証人になってもらう必要があります。

ただ、保証人になってもらっても外国人は金利が高いので、しっかり確認しておきましょう。

永住権のない外国人向けの金融機関を利用

外国人向けの金融機関を利用することができます。

日本にも外国人向けの金融機関はあり、例えば新生銀行やイオン銀行、東京スター銀行などがあります。

これらの金融機関なら永住権がない外国人でも住宅ローンを組むことができますが、それぞれに年齢や勤務状態、言語の理解、保証人、日本の在住期間などで制限があります。

住宅ローンを組むときに外国人の方は金融機関の条件に当てはまらない場合、ローンを組むことはできないので内容を確認して申込みを行いましょう。

頭金を多く用意する

外国人で住宅ローンの審査を受けるなら頭金を多いほど有利と言われています。

頭金とは契約のときに一部ローンのお金を支払うことです。

頭金が多いほど資産に余裕があることを見せることができ、借入金額も少なくて済むので総返済額も抑えることができます。

頭金を多く出すなら住宅ローンの際に金融機関の方も安心できるので、準備しておきましょう。

まとめ

永住権のない外国籍の方も住宅ローンを受けることは可能です。

しっかり返済計画やローン審査の準備をして申込みを行いましょう。

住宅ローンでおすすめ一括審査

広報部

住宅ローンの件でご相談ご質問等がございましたら何なりとご相談下さい。

多少、難しい案件でも柔軟に対応させて頂きます。

まずは、一度お気軽にご連絡くださいませ。

お問合せ0120-694-776営業時間 9:00~20:00

メールでお問合せ 年中無休24時間受付中

不動産売却のことなら

近畿一円で不動産事業展開

多様化するニーズにグローバルに対応

近畿一円あらゆる不動産に対応致します。

不動産買取・売却のことならお任せ下さい。